公開履歴
パソコンを見ている人

ペナルティの原因手動ペナルティ自動ペナルティがあり、それぞれに大きな違いがあります。手動ペナルティはGoogleが公式で、手動による対策としており人が直接サイトを訪れ品質に関してのガイドラインに違反しているかどうかを判断します。もしこれが課せられた場合は順位が圏外になることはもちろん、インデックス削除の対象となります。
一度課せられたペナルティは履歴として残るので、厳しいものとされています。自動ペナルティがGoogleのアルゴリズム内で自動でスパムを検出することで、違反をしていれば順位を下げるという仕組みです。この場合は順位が下がるほどで、手動ペナルティよりは軽い場合が多いことになります。
種類によって確認方法も異なり、手動の場合はGoogleからサーチコンソールからメッセージが届き、ペナルティが課されている旨の内容が記載されています。ガイドラインに違反している箇所により、メッセージの種類も違うのではっきりと何が問題なのかを知ることができ、さらにそこから対策を練ることが可能です。自動ペナルティはGoogleからのメッセージ送信はなく、サーチコンソールのページにも表示されません。したがって確実にペナルティを受けているかどうかを知ることができないことが特徴で、突然順位が落ちた時にはその可能性が高いと考えるのが一般的です。
アルゴリズムから受けているとすれば、サイトに問題がないかどうかをしっかりと確認する対応を取ることが先決で、理由としては品質によるガイドラインに違反していたことが言えます。適していないとされる内容や箇所を修正していき、手動ペナルティを解除するためには問題点を見直していきます。Googleにてサイトを確認してもらう再審査リクエストをする必要があり、Googleがサイト内でどの部分を問題視しているのかをメッセージを参考にして確認します。検索結果として不自然なリンクが該当している場合もあります。
不自然な被リンクが該当しているときは、それに沿ったメッセージを検索で受けることになります。SEO対策で不自然な被リンクが原因とされた場合は、今現在ついているものの中から例を挙げて教えてもらうこともできます。削除して行くほかリンクのパワーを無効化する必要もあり、ここで指摘されていることが一部であることを探す必要があります。業者に依頼を行ったりSEO対策用でサイトに登録することや、意図的に貼っている記憶がないケースもあるので注意してみます。