• ホーム
  • Googleペナルティの種類と原因

Googleペナルティの種類と原因

パソコンを使用する人

Googleペナルティはなんの前触れもなく検索結果の順位を下げられたり、インデックス削除されるので気がつかないケースも多いです。ペナルティを受ける原因としてGoogleが公式で公開している、ウェブマスター向けに決めているガイドラインの品質に関してのガイドラインに違反していることになります。自動で作成されているコンテンツで人が手を加えていないものや、オリジナルコンテンツがほぼないコピーされたサイト・隠しテキストやリンクなどを貼り付けているものが対象となっています。
不自然なリンクだったりページランクを操作するためのリンクへ参加している時、ページコンテンツとは関連性がないキーワードをむやみに詰め込んでいることや不正なリダイレクトが対象になります。コンテンツの素人が悪意を持っていなくてガイドラインに違反しても、ペナルティの対象となるのでどのような状況でもガイドラインはしっかりと把握しておく必要があります。品質が不自然だったり、ガイドラインの内容に沿ってっていないサイトはペナルティが課せられますが、ガイドラインに沿っている内容であれば課せられないという結果になります。
手動ペナルティはGoogle担当者にて目視でチェックされた上で手動でペナルティが課せられる種類で、これが原因とされています。自動では検索エンジンのアルゴリズムが原因となり自動で行われる種類で、手動の場合は簡単にそれを知ることができます。管理して行く上でサーチコンソールでサイトを登録することが推奨されますが、手動の場合はサイトの品質に関する問題と言われる警告メッセージが届くことが特徴です。ウェブマスター向けのガイドラインとして手法が使用されていることを確認し、悪質なスパムが検出されているので手動によるスパム対策を適用することが伝えられます。
このような内容がわかるので、メッセージを読めば一目でペナルティを受けたことを判断することが可能です。警告メッセージが万が一届かないとしても、その可能性はありますが対策で上位表示をすることにも役立ちます。さらにペナルティを受けているかどうかがわからない場合は、サーチコンソールを確認することが推奨されています。アクセスしたら検索トラフィックの下に位置する、手動による対策を確認していきます。ここに手動による対策がサイト全体に適用されていることがわかれば、ペナルティを受けていることがわかるという仕組みです。