• ホーム
  • Googleガイドラインについて知ろう!

Googleガイドラインについて知ろう!

PCを操作している人

ウェブマスターガイドラインは、サイトを作っている世界中のすべての人に向けてGoogleが独自に発表している指針です。自分のサイトに多くの人が来て欲しかったり、検索結果の順位を上昇させたいという時にリスペクトしていきます。検索エンジンやサイトに関する情報がたくさんありますが、SEO対策で電話やメールをもらうこともありどのガイドラインを守るか迷う可能性もあります。
ウェブマスター向けのガイドラインは、検索エンジンを作っているGoogleが決めているルールで、従う価値のあるものとされます。一般的なものはGoogleから評価を受けるためのガイドラインで、それに沿ってサイトを作成すれば自動的にインデックス登録しますしランク付けをすることもスムーズになります。サイト構造もすべて記載されていますが、このガイドラインはペナルティを受ける可能性がある不正行為のラインも記載されています。Googleでのインデックスから完全に削除されることもあり、アルゴリズムや主導によってのスパム対策の影響を受ける可能性があります。
これが実施されているサイトはパートナーサイトなどの検索結果から表示されない場合もあり、検索順位を決めるのに構造化や最適化を判断する指針にもなります。重要なコンテンツはタブを切り替えることで読めなかったり、ユーザーから見てアクションをするコンテンツを避けるようにします。サイトがモバイル対応になっていて、それがわかるツールも知っておく必要があります。構造化はサイトを見ているユーザーやクロールするGoogleポットにより利便性向上のために作ったもので、重要なコンテンツのデフォルト表示はサイト上の重要なコンテンツを見逃さないという目的が働きます。
モバイルユーザーにとっても見やすいサイトである、安全性を高めて行くことが大切です。最もウェブを使いやすくして行くために、アップデートも行われています。品質の評価をして行く際に、利便性を追求しますが利便性も挙げられます。サイト構造やSEOに関する対策の情報もありますが、コンテンツの重要性は昔から言われていることです。アップデートを何度も繰り返すことで、細かいガイドラインを作っていきます。コンテンツのみで判断するケースは少なく、サイトの構造化を高く評価するケースが多いです。良いコンテンツはさらに品質の最適化を狙い、ウェブマスターガイドラインに則った仕上がりにして来ます。