• ホーム
  • ペナルティを避けるための対策とは?

ペナルティを避けるための対策とは?

隠しテキストや相互リンクはサイトなどのコンテンツを運営している時によく聞く言葉ですが、パンダ・ペンギンアップデートによってもペナルティ関係があります。隠しテキストがサイト制作の時に、使用方法を間違えることでペナルティの対象になる可能性もあるので慎重にチェックしていく必要があります。
隠しテキストは検索エンジンスパムの一種となっているため、ユーザーがブラウザの中でページを閲覧した時には表示されません。検索エンジン側だけに影響が出るように隠してあることが、このテキストの大きな特徴となっています。隠しテキストはコンテンツの検索結果順位を操作することで達成され、Googleの検索エンジンがアップデートされることによって、意図的な操作をしているコンテンツがピックアップされます。いくつかの方法で隠すことになりますが、基本的に意図的に行なっているコンテンツが多く不自然なことも特徴です。
しかし隠しテキスト自体の存在を知らずに、知らない間になっていたというケースもあります。意図せずにこのような状態になったときも、ペナルティを課されることがあるのでしっかりと確認しておくことが必要です。今のSEO対策では見出しタグは重要視されていませんが、サイトを訪れているユーザーには内容を理解してもらうことが目的となります。相互リンクを使用した見出しタグは非表示設定にすることで、Google検索エンジンから評価をもらうことができません。タグだけに限らず見出しタグについても全てを表示させるようにすることで、装飾まで行うことが可能で、さらにユーザーが閲覧しやすい状態になります。このような不自然さがなく閲覧しやすいページが、最後までユーザーに読まれる確率も上がります。問い合わせがあったり商品を購入したいという意欲を湧かせ、コンバーションとしても有利になります。
この対策は隠されているケースと同様に、背景と同化させています。簡単な方法は特定の文字が重複していないか、同じ色にするだけでとても見やすいコンテンツとなります。この手法を使用してページの両サイドに背景が表示されているケースもありましたが、これと同色にしたキーワードを敷き詰めることで悪質で重複したサイトもありました。アップデートにより現在はこのようなサイトがなくなり、ほとんど残っていないです。隠しテキストとして意識していなくても、サイト内で使用している文字色を表示される部分は色を揃える対策が大切です。