• ホーム
  • ペナルティを受けたかどうかの判断基準とは?

ペナルティを受けたかどうかの判断基準とは?

基本的にページ数の多いコンテンツはSEO対策としても有利に働きますが、中にはページ数が多くても検索エンジン自体に全くヒットしないサイトも存在しています。このようなケースでは質の低いページ数が多いサイト内に存在していないか確認する必要があり、インデックス削除の対象となり判断材料となっているので注意が必要です。質が低いページは画像だけが掲載されているページや、文章の内容や文章自体がないページのことです。これらがサイト内にたくさん存在していても、量に関することは判断基準になっていません。
ページの多いコンテンツとして評価を下げてしまう可能性もあり、インデックス削除のガイドラインに沿っている必要があります。必要なページはテキストを追加し、原因となる完全に不要とされるページがコンテンツから完全に削除してしまいます。サイトから削除できないときはツールを使って対処し、順位下落を防いでいくことが対策として好ましいです。ガイドラインによりアクセス解析では分析期間を半年くらいに設定していますが、ペナルティは検索エンジン経由の流入数をカウントすることが一般的となります。
半年くらい経つと流入がないページは基本的に質が低いと判断され、分析精度を上げることのきっかけになっています。重複コンテンツによって問題対策方法が違い、生じている問題を把握することから始めます。サイトのパフォーマンス自体を管理することが基本となり、ペナルティとなるケースもよく見られます。サーチコンソールの活用を行い、類似判定ツールを使っていきますがGoogle検索で調べるコマンドを用います。重複コンテンツはタイトルやテキスト文章などのコンテンツも参考になり、他のコンテンツと重複していないことがポイントです。
重複しているものはドメイン内や複数ドメインでまたがって存在していることが特徴で、順位下落は他のコンテンツとは完全に同様だったりコピーされたかのような状態になります。コピーコンテンツとも呼ばれていてペナルティの原因はたくさんのページを作成することで、似ているものが存在していても珍しいことではありません。タイトル・テキストなどの文章が定型化するときは、同様のコンテンツが増える可能性が高まります。できる限り他のページとは違うオリジナル性の高いものにし、重複しないコンテンツを基準として仕上げていきます。
サイトの構造を変更しているときはリダイレクトを使用することで、SEOでのユーザーや他のものを適切にリダイレクトします。内部リンクに一貫性がありリンクの文字列を統一させることで、国別のコンテンツを扱うときはできる限りトップレベルドメインを使用しています。