• ホーム
  • ペナルティになってしまったドメインの変更について

ペナルティになってしまったドメインの変更について

一般的なコンテンツでサイト移転をした時に、以前使用していた最後側に301リダイレクトという恒久的な転送となるリダイレクト設定を行います。訪問ユーザー対策としてリダイレクトをする時にコンテンツを引っ越ししてドメイン変更をしたすぐの期間は、検索エンジンを利用することで旧サイトが検索結果に表示されます。
転送設定がそのサイトにされていないと、全く新しいサイトにたどり着くことができません。サイト移転をするにあたって検索エンジンを利用しない場合は、お気に入りブックマークから訪れようとしてもWebにリンクを貼ることは不可能です。301リダイレクト設定をしていることで、これらのユーザーに対してもドメイン変更や、サイト移転を知らせることができますし、不便を感じさせることがありません。
リダイレクトを行う理由としては、ペナルティやSEO対策が挙げられます。Googleでの検索エンジンは即インデックスを開始してくれるケースはなく、ペナルティや旧サイトで獲得している検索エンジンから受けている評価も引き継がれることとなります。上位表示で検索されたワードでも、新しいサイト内では上位表示できない可能性もあります。この場合は301リダイレクト設定を行うと検索エンジンが、サイト評価を新しい物に引き継ぐことが可能となります。Googleから検索でユーザー流入が減少することを抑える可能性があります。
このリダイレクトを設定していなければ、ユーザーにとってもとても不便を強いられますし、SEO対策にも大きな問題が出てきます。設定をする時にファイルへ内容を記述することとなりますが、Webサーバーをディレクトリ単位で制御していくためのファイルです。リダイレクトやBasic認証・エラーページの作成もしています。アドレス単位でアクセスを遮断することも可能ですし、モバイルなどのデバイスにより表示するページを自動的に振り分けることもできます。便利なコンテンツですが全ての新しいサイトのトップページにリダイレクトをすることで、テキストリンクの装飾変更も可能となっています。
一般的にテキストと同様にすることが可能で、マウスポインターを使って上にのせてもポインターが作動することがないときもあります。画像の一部としてリンクが貼られていても、それぞれの要素を組み合わせて一部を指定しながらリンク化させる手法も持つことができます。ドメインの変更はその時の対応で変わります。